PSR への追従

PHP-FIG は2009年に作られました。フレームワーク間でのソースコード相互運用を促す目的で、インターフェースとスタイルガイドに従い、ほかにも用いるかどうかは自由なルールがあります。CodeIgniter は FIG のメンバーではありませんが、彼らの提案の多くに対して互換性を取ります。このページではその提案について(提案の多くは許可済み、いくつかは下書きです)追従状況をリストアップすることになっています。

PSR-1: 基本コーディング標準

この勧告は基本となるクラス、メソッド、ファイル命名標準についてカバーしています。Our style guide meets PSR-1 and adds its own requirements on top of it.

PSR-2: コーディングスタイルガイド

この PSR は最初に出てきたとき、かなりの議論になりました。CodeIgniter はこの勧告の多くに合わせました。しかし全部は満たしませんでしたし、その予定もありません。

PSR-3: ログ機能インターフェース

CodeIgniter の ログ機能 はこの PSR の要求インターフェースをすべて実装しています。

PSR-4: オートローディング標準

この PSR はクラスのオートロードの標準メソッドに必要な、ファイルと名前空間の整理方法を要求しています。我々の オートローダ は PSR-4 の勧告を満たしています。

PSR-6: キャッシュ機能インターフェース

CodeIgniter はこの PSR に合わせることはしません。その必要以上にやりすぎだと確信しているからです。新しい提案である シンプルキャッシュインターフェース こそ我々の考えに近しいものであるように思われます。

PSR-7: HTTP 通信インターフェース

この PSR は HTTP インターフェースの表し方を標準化しています。これらのコンセプトが我々の HTTP レイヤの中にどれだけ現れようとも、CodeIgniter はこの勧告に従う努力はしません。

---

もし PSR に従うとしているのに実施できていない箇所を見つけたら、教えてください。修正します。もしくは修正すべき内容を pull request してください。