クエリヘルパメソッド

クエリ実行からの情報

$db->insertID()

データベースの insert 実行時に挿入された ID。

注釈

もし PostgreSQL を PDO ドライバで、または Interbase ドライバを使用しているなら、このメソッドには $name 引数が必要です。insert ID を調べる適切なシーケンスを指定するものです。

$db->affectedRows()

"書き込み" 型のクエリ(insert、updateなど)を実行した際に影響のあった行数を表示します。

注釈

MySQL での "DELETE FROM TABLE" は0行として返ります。データベースクラスは影響のあった行数を取得するのにちょっとしたハックを行っています。デフォルトではこのハックは有効ですが、データベースドライバファイルで無効化することもできます。

$db->getLastQuery()

最後に実行したクエリオブジェクトを返します(クエリ文字列です、クエリ結果ではありません)。

データベースについての情報

$db->countAll()

特定のテーブルの行数を判定します。 第1引数にテーブル名を指定してください。これはクエリビルダの一部です。 例:

echo $db->table('my_table')->countAll();

// integer が返ります(例えば 25 など)

$db->getPlatform()

実行しているデータベースのプラットフォームを出力します(MySQL、MS SQL、Postgresなど……):

echo $db->getPlatform();

$db->getVersion()

実行中のデータベースのバージョンを出力します:

echo $db->getVersion();